京都文教大学 京都文教短期大学

代表者 平岡 聡
所在地 京都府宇治市槇島町千足80
連絡先 0774-25-2630
Email fro@po.kbu.ac.jp
HPアドレス  
活動内容 運動・身体活動 / 休養・こころの健康 / 栄養・食生活 / 食育に関すること
業  態 教育機関
「仏教精神に基づく人間形成」を建学の精神として教育活動を実践し、社会に貢献できる人材育成を行っています。 大学 : 総合社会部、臨床心理学 短期大学 : 幼児教育学科、食物栄養学科、ライフデザイン学科

Interview

 

京都文教短期大学 食物栄養学科 准教授 森 美奈子先生

おでん屋さんの前で精巧につくられたおでんネタの巾着を持つ森先生

 子どもたちの元気な声が京都文教短期大学のキャンパスに響き渡りました。食物栄養学科の森先生が指導する栄養教育論実習の成果発表「食育屋台」。年に1回、ご近所の「いずみこども園」の園児達が京都文教短大を訪れ、学生達が様々な工夫を凝らし、「食育」を行います。今回で3回目となるこの日は、園児達約50人が来校、学生約40人が8つの食育屋台を設け「食育」を行いました

 「八百屋さん」では茄子・トマト・大根に扮した学生達が華麗な?野菜ダンスでお出迎え、園児が箱の中にある野菜に触れて何かをあてる野菜の形を知る「食育」を行いました。「サンドイッチ屋さん」ではおもちゃのサンドイッチを作ってみる「食育」。「お魚屋さん」ではクイズで魚の名前を知り、手作りの釣り堀で魚を釣り上げ、それを隣の「お寿司屋さん」で握ってもらうというストーリー性のある「食育」。「お弁当屋さん」で精巧に作られた紙粘土のおかずをお弁当箱に詰めていく遊びを通して栄養バランスについて学ぶ「食育」。驚いたのは「おでんやさん」。何故ちょっと一杯の親父の店が食育に関わるのかと思いきや、おでん鍋にあるネタをお箸でつかむことでお箸の使い方についての「食育」でした。
八百屋さんで野菜ガールズの話を熱心に聞くこども達

 どの屋台も、こども達が遊びながら食べ物について学びを深めるようにデザインされていました。また、手作り屋台や食材の完成度の高さは感動モノでした。

 「食育」には「知る」「つくる」「食べる」そして「伝える」という視座があり、そのなかで一番大事なのは「食の楽しさを伝える」ことだと森先生は言います。「健康行動を担保するには継続性が大事なんです。?しては体に悪いというネガティブな伝え方では人の行動変容は望めません。子どもから高齢者まであらゆる人に楽しくポジティブに伝えることを心がけています。」「宇治市と一緒にやっている適塩メニューでも美味しさを大事にしています。下味をつけるとかちょっとした調理の工夫で薄味でもとても美味しい料理が作れるんですよ。」

お寿司屋さんでは寿司ネタになっている魚の説明

 「食育」を楽しく、美味しく、わかりやすく伝えようと、森先生のチャレンジは続きます。今年度は新しい試みとして「食育」をテーマにしたスライドショーを学生達が制作しました。

 「食べ物にまつわる物語はみなさんお持ちです。そうした物語を学生ならではの感性とアイイデアで3分間の作品が60作もできました。」食と観光を架橋するフードツーリズム論から着想を得られたようです。

 「ちょっとした工夫で主体的行動を促す行動経済学のナッジ理論の応用です。」

 「食育」の射程を広く捉える京都文教短期大学の取り組みには目が離せません。

 

【活動紹介】

 10月26日の土曜日、「笑顔いっぱい・わんさかフェスタ」が宇治橋通り商店街で開かれました。心配された天候も午後から回復し、歩行者天国となった宇治橋通りに大勢の市民や観光客らが訪れました。

 アライアンスメンバーの京都文教短期大学食育クラブもこのイベントに参加。子どもたちに食への関心を持ってもらおうと、楽しいクイズやゲームを行い、同大学のテントのまわりは大勢の親子連れらでにぎわいました。

 「はてなボックス」は、箱の中に手を入れて形だけで中身をあてるクイズ。ミカンやイモなどの食べ物のほか、調理器具も箱の中に入っていて、参加した子どもたちも正解を出すのに一苦労。正解すると景品がもらえるので、みんな真剣な表情でクイズにチャレンジしていました。

 また、魚の形を知ってもらおうと、紙で作った魚を釣るゲームも人気でした。

 同クラブのメンバーで2回生の小西納乃子さんは「子どもたちがたくさん参加してくれて、とても楽しかった。子どもたちと触れ合いながら、食に関心を持ってもらえるといいですね」と笑顔で話していました。